2017/03
02 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 3104
 

「あれから1年」と生存報告

以前、『親愛なる貴女へ届きますように。』というタイトルで書いた記事関連なので少ししんみりしちゃうかも。

私を本当に愛してくれていたファンの子で、そしてきっと今も向こうで応援してくれてると思うんだけど。



ツイッターで準備してるじょー、こうしてみるとそこそこ頑張ってたんだなあって書いてたこれ

実は少し早いけど、、彼女の一回忌に、お供え物といってはなんですが、プレゼントしに行って参りました。
こんなね、ご家族様からすると本当にどこの誰かもわからないような赤の他人なのに
あの日もそうだけど、またこうして挨拶しに行くことができて直接渡せて本当に感謝です。

相変わらず彼女の周りには私の作品が溢れていてそれはもう素敵な空間で、すごく喜んでくれてると自負しています!笑

今回金銭面の都合とかでお渡し出来なかったものもあったんだけど、2016年に作ったグッズの殆どをお渡ししてきたよ

絶対買います!楽しみ!って言ってくれていた、私の夢が叶って一緒になって本当に喜んでくれた、yucatのパラレルワールドのアルバム。
それももちろんこの日のために保管してありました。ガチャの缶バッジも。

何よりあれから1年が経ったという事が本当に信じ難くて。だってなんかまだあれなんだよ、ふわふわしてんの。

そんで、描く意味を考えてしまったりしたとき必ず彼女の笑顔がよぎるのね。
こんなんでいいのかな、とかほんと嫌な事考えたり自信無くなっちゃったときも、ずっと彼女に助けられっぱなしで、あれから1年経ったのが信じられないのは
きっとあれからほぼ毎日想い続けてたからだろうな~って。

ペン持ったりイベント出たりイベント探したり、絵に関わる事をすると必ず登場してくれるから。笑

そりゃあ、なんかもう直接感想きけないとか、会えないとか、そんなことおもってやるせ無くなって哀しくなったりもするけど…

私が描かない事が一番しあわせじゃないことだから、自信がなくたって、売れなくたってなんだって
楽しい!好き!と思えるうちは描き続けるんだ。

でね京都に向かっている電車で、すごくしんみりしたの
だってなんだろう、きっと彼女が私と会っていた時間より、私に会いに来るための時間の方が遥かに長かっただろうから。。

実際に行ってみてわかった。割と遠いし、交通費もそこそこかかるのに、バイト前の数分だけでも急いで会いにきてくれたりして、ああああってもう愛が溢れて溢れて本当伝えようがね、難しいけど届いてるって信じてるけど、目に見えないのってこんなにつらいのかって。ね。笑

そして帰りは鈴虫寺に行ってきて(ご家族様が送ってくださいました、本当に何から何まで感謝です)

もちろん、お願い事をしてきました。叶うかな?お地蔵さん、歩いてきてくれるかな。1年があっという間だったから、たぶん叶わなくてもあっという間だよね。笑

そうそう、しんみしちゃったので生存報告!
絶賛制作中の新作ちゃんです!可愛いじょーー!でも完成間に合うかなー?
日々のナントカ コメント:0 トラックバック:0
 Home